占い師の収入ってどれぐらい?

占い師の気になる収入はどれくらいなのか。儲かるのか? - 収入はかならず占い師も申告しよう

収入はかならず占い師も申告しよう

2月から3月にかけて行われる「一大イベント」といえば何かご存じですか?
所得税と消費税の確定申告です。
毎年この時期になると「帳簿を整理しなくては」とか「領収書がいったいどこへ行ってしまったのか」と慌てふためく方も多いことでしょう。
占い師もその例外ではありません。

■個人でやっていても事業

占い師の働き方で多い「個人で占いを行って収入を得ている」という場合、所得の中でも「事業所得」に該当します。
事業所得というと何か大きな商売をやっている人とか、法人化している人が該当するのではと思うかもしれませんが何らかの商売でお客さんからお金をもらっているときには規模の大小に関わらず事業所得に該当します。
占いも商売として行うわけですから事業所得に該当するのです。

■確定申告をする

占い師として独立したら確定申告で納税申告を行います。
事業所得の場合白色申告か青色申告を選ぶことができますが、どちらも帳簿付けをしなければならないため得点の多い後者を選んだ方が有利になるでしょう。
規模が大きくなってきて自分ではどうしようもないぐらい経理が煩雑になってきたら税理士さんにお願いするのも一手です。

■税金は占いしても安くならない

税金は誰しも公平に支払うべきものですから何かしたからといってすぐに安くなるわけではありません。
占いをやっても同じです。
gfrstrs
節税に関心がある場合には占いにたよらず、税理士や公認会計士といった専門家にお願いしましょう。
世の中にはたくさんの仕事があります。
どんな仕事でも何らかの意味を持っており、なくてはならない仕事ばかりです。
最近は占い師が多数活躍していますが、彼らはどのようにして生活しているのでしょうか。

■テレビや本で活躍

私たちが普段目にする占い師はたいていテレビや本で占いを行っています。
芸能人が良く当たる占い師の元を訪れてずばずばと将来のことを予想されている姿を見たことがある方は多いことでしょう。
また毎年占星術やタロットによって1年間の運勢を占った本が出版され、多くの人が占いによって将来の展望を描いています。

■地道にこつこつと働く

しかし占い師になったからと言って全員テレビに出演したり本を書いたりすることが出来るというわけでもありません。
むしろそうした占い師は、全体のごくごくわずかと言っても過言ではないでしょう。
多くの占い師は自宅や道ばた、会社勤めをしながら占いを行っています。
こうした占い師がいるからこそ私たちは占いを手に届く範囲で楽しむことが出来、様々な悩みを打ち明けたり将来のことを知ったりして人生を楽しんでいるのです。
oiftrs

■悩める子羊を救う仕事

何にせよ占いを職業にすると言うことは世の中にあふれる悩める子羊を救うことであると言うことです。
人だけではなく世界の人々が将来に対して不安を持っている現代では欠かせない職業の一つといえるでしょう。
腕を磨き占いに訪れる人の心の裏側まで読み取る能力が必要ですね。何かに迷った時は占い師に頼ろう。何でもアドバイスにのってくれます。

更新情報

アーカイブ

http://www.nifty.com/mitsuhana/ http://uranaimarie.com/konki.html